歯列矯正装置が気になるなら見えない矯正

歯並びを気にして、歯列矯正を行う人が増えています。
しかし、矯正装置が目立つのが気になるという人も少なくありません。
そんな人のために、歯の裏側に矯正装置を付けるリンガルブラケットという方法があります。
サービス業など、お客様と接する機会の多い仕事をしている人でも、相手からは見えない矯正方法ですので、安心して仕事ができると思います。
しかし、口の中に矯正装置があることから、食事の際など違和感を感じることもあります。
ハーフリンガルは、上の歯だけ裏側に矯正装置を付け、下の歯には表側に付ける方法です。
こちらの方法は、下の歯の矯正装置が見えてしまいますが、通常の表側矯正ほどには目立ちません。
また、上下裏側に付けるリンガルブラケットに比べ、舌への違和感も比較的軽く済ませることができます。